快適!椅子ライフ
その他のチェックポイント

その他のチェックポイント

どんなお店で購入するか、どんな素材のものにするか以外で、椅子を購入する際のチェックポイントを紹介していくことにしましょう。ここで挙げることも、快適な椅子生活を送るためには、大切なポイントになります。これらの点を参考に、一番使いやすい椅子を選んでください。

座り心地

座面や背もたれがあまりフワフワしていないもの、全身をゆったりと包み込んでくれるもの……など、椅子の好みは人によって違います。そんな中、椅子の購入を考えている人の多くは、座り心地の良さを第一に求めるのではないでしょうか。椅子の座り心地は、座面などにどんな生地が使われているかにもよりますが、形状も大きく関わってきます。 座り心地が良く、長時間座っていても疲れないのは、どんな椅子でしょう?

チェックポイント 具体例
座面の高さ 座ったときに足の裏全体が床につき、太ももとふくらはきが90度の角度になるもの。
膝の裏から座面までの距離 座った状態で、膝の裏と座面の縁の間に握りこぶしが1つ入るくらいが良い。
座面の縁 座面の素材にもよりますが、縁は緩やかなカーブを描いているもの。
座面の傾斜 座面が前に傾斜しているほうが、姿勢が良くなって、腰への負担が少ない。
肘掛け 滑りにくい素材、かつ座面より長くないもの。肘掛けがないと、肩こりの原因になる。
背もたれ 背中の真ん中より少し上くらいの高さで、背中にフィットするように柔軟性のあるもの。

部屋の広さ

椅子を良く吟味し、使いやすいものを選ぶことも大切ですが、椅子を置く部屋の広さも踏まえることを忘れないようにしなければなりません。ここでは、椅子をリビングルームに置く場合の配置を紹介しましょう。椅子の大きさによって、必要な広さは異なります。

1人掛け・1脚の場合

1人掛けの椅子1脚を置くなら、最低でも約60センチ×100センチのスペースが必要になります。

1人掛け・2脚・L字型の場合

1人掛けの椅子2脚をL字型に置くなら、最低でも約150センチ×150センチのスペースが必要になります。

対面型の場合

会話が弾む対面型にするには、約180センチ×230センチのスペースが必要になります。客間にも適している配置です。

L字型の場合

部屋の隅に視線が集まりやすいL字型にするには、約210センチ×210センチのスペースが必要になります。家族団欒(だんらん)に適している配置です。

机やテーブルの高さ

椅子とテーブル

椅子と一緒に机やテーブルを使う場合、その机やテーブルの高さも考慮する必要があります。いくら椅子の座り心地が良くて疲れなくても、机・テーブルの高さが合わなければ、意味がありません。一度椅子に座って、書き物をしたりしてみましょう。そのとき、肩の位置が上がっていたら、机・テーブルが高いという証拠です。反対に、背中が丸くなるようなら、低いということです。 もし、椅子が高さ調節可能なものであれば、ちょうど良く調節してください。椅子の高さが調節できなければ、使う机やテーブルの高さを考えましょう。

パソコンを使うとき

椅子に座って、パソコンでの作業をする人も多いでしょう。パソコンでの作業はどうしても単調になってしまうので、姿勢も悪くなりがちです。どれだけ良い姿勢を保ったまま作業できるかは、座る椅子が鍵を握っていると言っても過言ではありません。

パソコンを使う人はココをチェック

デスクワーク

背もたれの角度や椅子の高さを自由に調節できるものを選びましょう。肘掛けのない椅子は立ったり座ったりするのが楽ですが、時々肘を休ませるためにも、肘掛けの付いたものがおすすめです。できれば、その肘掛けも高さ調節できるものが理想的と言えます。


基礎知識のカテゴリーへ
購入する前にのカテゴリーへ
椅子の種類のカテゴリーへ
便利な機能付き椅子のカテゴリーへ
有名なチェアデザイナーのカテゴリーへ


Copyright(c) 2010 快適!椅子ライフ All Rights Reserved.