快適!椅子ライフ
ソファー

ソファー

座ったり、寝転んだり……自由に使えるソファーは、家族のくつろぎの場と言えるでしょう。けれど、大型家具であるために、配置などを考えるのにも苦労します。今は、ソファーにも様々な種類があるので、部屋の広さや用途に合わせて、選ぶことができます。長く愛用するためにも、じっくりお気に入りを選びましょう。

ソファーって?

日本語で「背もたれや座面にクッションが効いた、ゆったり座れる長椅子」という意味のソファー。その意味通り、ソファーは様々な家具の中でも、くつろぎアイテムの1つとして多くの人に親しまれています。

特徴

部屋

今では座れる人数によって、様々なスタイルがあるソファーですが、本来は3人掛けくらいで、背もたれの付いた椅子のことを言います。その特徴と言えば、クッション性の良さが挙げられます。優れたクッション性が多くの人を虜にしているのです。

中身

ソファーの中身には、羽毛やウレタンなどの素材が使われています。素材ごとの特徴を見てみましょう。ここでは取り上げていませんが、羽毛とウレタンの両方を使っているものもあります。

羽毛

羽毛

羽毛は、全身がフワッと優しく包み込まれる感じが良い……という人におすすめです。柔らかな感触に、ついウットリしてしまいます♪背もたれや肘掛けが高いソファーなら、包まれ感が一層アップします。


ウレタン

しっかりした座り心地がお好みなら、ウレタンが良いですね。ある程度の硬さがあるので、腰の弱い人も楽に座ることができます。また、そんなに頻繁にお手入れしなくても、きれいな形状と座り心地の良さは変わりません。

ふわふわソファーの秘密

ソファーの中にあるのは、上記の素材だけではありません。その下に、クッション材が入っています。

クッション材 主な特徴
ウェービングベルト ベルトを縦横に織り込むことで生じる弾力性によって、体重を支えます。軽くて丈夫です。
S-スプリング S字型のバネをつないだものです。S字型スプリングには、適度な弾力性があります。
コイルスプリング 渦状のバネを並べ、それらを鉄線でつなげます。耐久性を保ちながら、柔らかな座り心地を実現します。
ポケットコイルスプリング ポケットにコイルバネを1つずつ収めたものです。荷重が分散されて、より柔らかな弾力性が得られます。

どんな種類があるの?

ソファーの主な種類を見ていきましょう。それぞれの特徴を知って、購入時の参考にしてくださいね。

普通のソファー

ソファー

1人掛けをパーソナルソファーと言います。2人掛け以上のソファーと組み合わせても、自分専用の椅子として使っても良いですね。一人暮らしの部屋には最適です。 2人掛けをラブソファーと言います。恋人や友人、親子など2人並んで座ることができます。1人の場合は、広々と使えます。


ソファーベッド

ソファーでくつろぐ

ソファーベッドは、ベッドとしても使えるので、とても便利です。このソファーベッドには、背面をリクライニングさせてベッドにしたり、座面を手前に引き出して使うものなど様々なタイプがあります。狭い部屋を有効に使いたい人や1人暮しの人に適しています。


カウチソファー

カウチソファーは、脚を投げ出して座ることもできますし、横になることもできます。寝転がって昼寝をしたり、テレビを観たりするのが好きな人にはカウチソファーがピッタリではないでしょうか。このカウチソファーには、肘掛けが両方付いたものや片方にのみ付いているものなど、様々なタイプがあります。

コーナーソファー

コーナーソファーとは、何脚かのソファーが組み合わせて、部屋の角に置くことができるL字型のソファーのことを言います。コーナーソファーを置くと、部屋の真ん中のスペースが広く使えます。もちろんバラバラに使うこともできるので、目的に応じて様々な組み合わせを楽しみましょう。

張り地

ソファーの張り地を見ていきましょう。あなたは、どんな張り地がお好みですか?

ファブリック

綿や麻などのファブリック素材は、柄やカラーバリエーションが豊富です。柔らかみがあり、通気性にも優れています。

合成皮革

あまり高級感はありませんが、お手入れのしやすさから、人気があります。変色がしにくく、水や汚れにも強い上、リーズナブルな値段も嬉しいですね。

天然皮革

天然皮革には、牛や馬などの皮革が使われています。滑らかな手触りが特徴的で、吸湿性、通気性、耐熱性にも優れています。定期的なお手入れを忘れないようにしましょう。

基礎知識のカテゴリーへ
購入する前にのカテゴリーへ
椅子の種類のカテゴリーへ
便利な機能付き椅子のカテゴリーへ
有名なチェアデザイナーのカテゴリーへ


Copyright(c) 2010 快適!椅子ライフ All Rights Reserved.